和裁用語集

【合褄幅】あいづまはば
衿下と衿先の接する所での衽の幅。衽幅より1cm狭くする。体形により広くする事もある。

着物の各部名称参照

【雨コート】あまこーと
雨降りの日に着る女性用の和装コート。


【洗い張り】あらいはり
着物をほどいて洗い、のりをつけて板や伸子に張ってかわかす事。


【袷】あわせ
裏をつけた着物。袷長着。⇔単(ひとえ)


【居敷当て】いしきあて
単衣の着物で補強のためにお尻の部分に裏側から当てた布。


【色留袖】いろとめそで
地色が黒でない留袖。


【ウール】
毛織物。

【ウール仕立て】
基本的にゆかた仕立てと同じであるが部分的に異なる。背縫いに背伏を使用、脇縫代のしまつを折りぐけにするなど。


【うそつき襦袢】(勉強しました(^^ゞポリポリ)
晒やガーゼの肌着に袖の部分だけ本物の襦袢の袖を付け、衿には半衿を付けた襦袢。


【内揚げ】うちあげ
縫い揚げを裏側にすること。⇔外揚げ


【うば衽裁ち】うばおくみたち
総丈がかなり不足していて布地が片面物の場合の裁ち方。


【馬乗】うまのり
半襦袢の裾の部分の両側など少し縫い残してあるところ。


【裏衿】うらえり
着物の衿の裏に縫い添えたきれ。


【裏衽】うらおくみ
単物以外の着物の裏の衽。


【江戸小紋】えどこもん
小紋染めの一種。江戸時代、男女の小袖に用いた緻密な文様の小紋染め。近時、小紋という言葉が広義に用いられるようになった為 ため、江戸時代以来の小紋染を特定した用語。


【絵羽】えば
絵羽羽織の略。絵羽模様の略。


【絵羽羽織】えばはおり
肩から袖に続けて、または左右の身頃に続けて文様をあらわした婦人用の羽織。文様は染織・刺繍をはじめ、かき絵風・押絵風のものなどがある。


【衣紋かけ】えもんかけ
肩幅ほどの短い棒の中央を紐をつけて衣服をつるしておくもの。


【衣紋抜き】えもんぬき
きれいに着るために長襦袢の衿に縫い込んで衣紋をぬくためのもの。


【衿肩明】えりかたあき
襦袢・長着・コート・羽織などに、衿をつけるために肩の部分を切りあけた所。


【衿先】えりさき
女物の袷の衿裏の下端につける布。衿先布。


【衿下】えりした
和服で衿先から褄先までの間。褄下とも言う。


【大島紬】おおしまつむぎ
鹿児島県奄美大島並びに鹿児島市周辺から産出する紬。織り締めによる細かい絣が特徴。模造品に対して本場大島とも言う。


【置尺】おきじゃく
織物などを畳みの上に置いて物さしではかること。⇔持尺


【衽】おくみ
和服で前の左右にあって、上は衿に続き下は褄に至る半幅の布。

着物の各部名称参照

【衽下がり】おくみさがり
前身頃の肩から衽先までの間。
着物の各部名称参照

【おはしょり】
着物を腰のあたりでたくし上げ、腰紐で締めて、ちょうどよい着丈にすること。


【お召】おめし
お召縮緬(おめしちりめん)の略。11代将軍家斉(いえなり)が好んでお召料とした事からこの名がある。先染め・先練りの着物地。


【折りぐけ】おりぐけ
布端を0.8〜1cm折り、折り山のすぐ内側に針を通してくける。針目の間隔は布地と折り代によって異なる。




Top