和裁用語集

【加賀友禅】かがゆうぜん
友禅染めの一種で、加賀の金沢に発達したもの。配色に紅・緑・紫系の色が多くもちいられており、 ぼかしが巧みに使われ、文様や色彩が京友禅よりも様式化されている。


【かぎ衽裁ち】かぎおくみだち
総丈が短く、布の裏表の区別がつかない時の裁ち方。⇔棒衽裁ち


【額縁】がくぶち
単衣の褄先の縫い方。


【掛衿】かけえり
和服の衿の上に掛けた同じ布の衿。共衿とも言う。


【絣】かすり
所々かすったように文様を織り出した織物または染文様。


【肩揚げ】かたあげ
子供の着物の裄を肩の所に縫い上げてちょうど良い長さにする事。


【肩当】かたあて
着物の肩の裏につけた布。


【家紋】かもん
家々によって一定した紋所。


【関西仕立て】かんさいじたて(勉強しました(^^ゞポリポリ)
襦袢で言うと別衿仕立ての襦袢の事。


【関東仕立て】かんとうじたて(勉強しました(^^ゞポリポリ)
襦袢で言うと通し衿の襦袢の事。


【着尺】きじゃく
大人用の1枚の着物に要するだけの反物の長さと幅。⇔羽尺


【きせ】
裁縫における縫い目の処理法。縫い目を折る際に縫い目よりも約2o奥で折り返して縫い目を隠す。


【着丈】きたけ
その人の身長に合わせた衿から裾までの着物の寸法。


【絹織物】きぬおりもの
たてよことも絹糸で織る織物。羽二重(はぶたえ)・縮緬(ちりめん)・透綾(すきや)・海気(かいき)・塩瀬(しおぜ)・ 斜子(ななこ)・紬・琥珀など種類が多い。


【黄八丈】きはちじょう
八丈刈安で糸染めした黄色の地に鳶や黒色などの縞格子柄を表した絹織物。


【ぐし】
ぐしびつけとも言う。


【ぐしびつけ】
表に出る目をごく等間隔0.3〜0.4cmに出すしつけ。絹物の袖口・袖振り・褄下・裾・掛衿にかける。とらないしつけ。ぐしとも言う。


【鯨尺】くじらじゃく
ものさし。一尺は37・9cmに当たる。


【繰越】くりこし
和服の衿を抜いて着るために衿肩明(えりかたあき)を後身頃へずらせること。


【剣先】けんさき
衽の上端、すなわち衿と身頃との間にはさまって斜めにとがったところ。衽先。


【検反】けんたん
反物を縫う前にキズ・よごれなどないかどうか調べる事。


【元禄袖】げんろくそで
袖丈を短くし袂(たもと)の丸みを大きくした袖。女物の普段着、少女の着物の袖などに用いる。


【交織】こうしょく
綿糸と絹糸、絹糸と毛糸または人造繊維などのように異種の糸を交ぜて織る事。まぜおり。


【腰揚げ】こしあげ
丈を調節するため、子供の着物などの腰の部分に縫い上げをする事。




Top