和裁用語集

【前下がり】まえさがり
特に、羽織などで、前身頃を後身頃よりも長めに仕立てる事。またはその部分。


【身丈】みたけ
衿の付け根から裾までの長さ。


【道行コート】みちゆきこーと
和服用コートのひとつ。羽織に似て、おくみが深い。


【三ッ衿芯】みつえりしん
和服の衿の首すじにあたる部分に入れる芯。


【三ッ折りぐけ】みつおりぐけ
布の端を三っ折とし、表にこまかく一針ずつ出してくける事。


【耳ぐけ】みみぐけ
布端が耳の時に二つ折のままでくける方法。


【都衿】みやこえり
和装コートの衿型のひとつ。方形の角の部分に丸みを持たせたもの。


【身八つ口】みやつくち
和服の身頃の脇明け。袖付の下、脇縫いの上の部分。


【虫干し】むしぼし
夏の土用のころ、カビや虫の害を防ぐために衣類や書物を日光や風に当てる事。土用干し。


【無双袖】むそうそで
表と裏を同じ布で同じ体裁で作る事。またはその袖。


【持尺】もちじゃく
織物などを手に持ってものさしではかる事。⇔置尺


【喪服】もふく
葬式・法事などに着る、黒または薄墨色の礼服。


【木綿】もめん
きわたの実の中にできる毛状の繊維。その織物。




Top