和裁用語集

【抱幅】だきはば
身八つ口の下のところで測る前幅。


【竪衿】たてえり
襦袢・コートなどの前身頃に縫いつけた竪に長い布。


【千代田衿】ちよだえり
和装コートの衿型のひとつ。弓形に曲がった深めのV字型の衿。


【中振袖】ちゅうふりそで
振袖のうち、丈の短いものの称。


【付下】つけさげ
和服の文様の付け方のひとつ。上前裾・胸元・袖などに絵羽風に文様を染めた訪問着。


【褄先】つまさき
着物の褄の先端。


【褄下】つました
和服で衿先から褄先までの間。衿下とも言う。


【つまみ衿】
掛衿がかかっているように見せる。丈が足りない時などに使う。


【紬】つむぎ
紬糸または玉糸で織った平織りの丈夫な絹織物。


【胴裏】どううら
合わせなどの着物の裏地で、胴に用いる部分。


【胴裏抜き仕立】どううらぬきじたて
袷長着の胴裏抜きで紬やウールなどに多く、単衣の時期前後に着用される。


【通し裏】とおしうら
着物の裏に全部同じ布を用いたもの。


【留袖】とめそで
紋付の裾模様で普通の袖丈の式服。


【共衿】ともえり
着物の表地と同じ布で衿を掛ける事。またはその衿。




Top